メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

「茨城にeスポーツの拠点」を 地域の活性化や産業の振興に

茨城県つくば市で昨年開かれたeスポーツの大会の様子=つくば国際会議場で2018年9月15日

 茨城県は、コンピューターゲームによる対戦競技「eスポーツ」の拠点の整備に向け、関連企業への調査を始める。企業の誘致や施設の建設を図り、成長著しいこの分野を地域の活性化や県内産業の振興につなげたい考えだ。

 調査は約1000万円の費用を計上し、9月末ごろまで実施する予定。国内外の関連企業には県内に進出する条件、県内企業には参入の意向を聞き取る。結果を踏まえ、3年以内を目安に施設の整備や企業への支援を始めたい考えだ。

 拠点となる場所が県央・県北地域か県南地域かによって、県はそれぞれの特色を生かした構想を持っている。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文779文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです