メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小中学校教員の中途採用拡大を提言 養成システムの見直しも 財政審

文部科学省=東京都千代田区で長谷川直亮撮影

 財政制度等審議会(財務相の諮問機関)が16日、歳出改革部会の初会合を開いた。財務省は小中学校の教員採用について、退職者の再任用と外部からの中途採用拡大を求めた。近年の若手教員急増で将来、いびつな年齢構成になる事態を緩和するためで、中途採用の拡大に向け現行の教員養成システムの見直しも要請した。

 団塊世代以降の大量定年退職が続き、小中学校では新卒者の採用が増え、若手教員が急増している。財務省は、年齢構成の平準化を図るため、意欲ある優…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです