メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外センバツ21世紀枠は帯広農、磐城、平田の3校

緊急避妊薬「入手しやすい環境を」 議員会館で緊急勉強会

緊急避妊薬の勉強会で意見交換する(右から)染矢明日香さん、福田和子さん、遠見才希子さん、対馬ルリ子さん=東京都千代田区の衆院第1議員会館で2019年5月16日、中川聡子撮影

 性交後すぐに飲むと、望まぬ妊娠を高い確率で防げる緊急避妊薬(アフターピル)について、厚生労働省が「条件付き」でオンライン診療による処方解禁を検討していることを受け、産婦人科医や性教育の関係者らが16日、東京都内で緊急勉強会を開いた。「妊娠不安に苦しむ女性は今、この瞬間もいる。入手しやすい環境が必要」という切実な訴えが相次いだ。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1920文字(全文2104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです