メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴竜らが全勝 豪栄道は2敗に後退 大相撲夏場所5日目

 大相撲夏場所5日目は16日、東京・両国国技館であり、横綱・鶴竜は碧山を危なげなく寄り切り全勝を守った。2桁勝てば大関に復帰できる関脇・栃ノ心は北勝富士を寄り切り5連勝とした。初日から勝ちっ放しは、鶴竜と栃ノ心、平幕・朝乃山の3人。

 大関は、豪栄道が先場所まで2連敗と合口の悪い大栄翔に突き出されて2敗に後退。高安は千代大龍を土俵際ではたき込み、3勝2敗と今場所初めて白星が上回った。

 新大関の貴景勝は4日目に小結・御嶽海に勝った一番で右膝を痛め5日目から休場。この日の対戦相手だった…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです