メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一人横綱の鶴竜、碧山を圧倒 大相撲夏場所5日目

鶴竜(左)が寄り切りで碧山を降す=東京・両国国技館で2019年5月16日、吉田航太撮影

 ○鶴竜-碧山●(大相撲夏場所5日目・両国国技館)

     役者の減った土俵を鶴竜が締めた。白鵬は初日から休み、新大関の貴景勝は5日目から休場。最古参大関の豪栄道も2敗を喫したが、一人横綱は無傷で序盤戦を終えた。

     この日は、先場所12勝して敢闘賞に輝いた小結・碧山を圧倒した。突き押しが身上の相手の腕を下からあてがって起こし、最後は双差しで寄って出た。「良かった」と納得の口ぶりだ。

     昨年夏場所は自身初の連覇を遂げた。だが、その後はけがが相次いで先場所までの5場所中3場所で休場。特に昨年九州場所を全休した原因となった右足かかとのけがは患部に水がたまり、先場所まで「四股もしっかり踏めなかった」という。今場所前は水がようやく抜けて番数を積むことができ、本来の組んで良し、離れて良しの取り口が戻ってきた。

     鶴竜は一人横綱について、「やることは変わらないので意識していない」。精彩を欠く大関陣について話を振っても、「自分の相撲に集中するだけ」と淡々と語る。泰然として構え、白星を重ねる姿は、緩みかけた場所で横綱の重みを示している。【飯山太郎】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
    2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
    4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
    5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです