メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つかめ正三塁手 ハム4年目平沼アピール打

 ○日本ハム2―0楽天●(16日、東京ドーム)

 重苦しい空気をぶち破ったのは期待の若手の一振りだった。両チーム無得点で迎えた七回、日本ハムの9番・平沼が決勝の右越え二塁打。今季の先発出場8試合目の21歳が流れを一変させた。

 前日は8点差をひっくり返されて逆転負けし、この日も楽天・辛島の前に走者を出しながらも得点できずにいた。迎えた七回の第3打席は1死三塁の好機。「打てる球は全部振っていく」と心に決めた。初球の内角直球を最短距離で捉えると、ライナー性の打球は右翼フェンスの最上部に直撃した。惜しくもプロ初本塁打とはならなかったが「1点入ったのでどっちでもいい」と笑った。

 福井・敦賀気比では「4番・投手」として2015年のセンバツ優勝に貢献した。入団当時は投手への未練を捨てきれず、将来的に「二刀流」に挑戦する意欲を示していた。

 しかし、4年目の今季は内野手での勝負を決意し「投手のことを考えている暇はない」という。レアードがロッテに移籍して空いた三塁のポジションを獲得しようと必死だ。

 自身初のヒーローインタビューで「もっと、もっとヒーローになれるように頑張ります」。宣言通りなら、チームの未来は明るくなる。【生野貴紀】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです