メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中日・福田 先輩の貫禄 初対決大貫にプロの洗礼

 ○中日3―2DeNA●(16日、横浜)

 地元・横浜で先輩の貫禄を見せつけた。中日の福田がDeNAの新人・大貫から決勝打を含む2安打1打点。中学時代に所属したチームの後輩との初対決で、プロの洗礼を浴びせた。

 二回1死三塁の第1打席は3ボールとなったところで敬遠を申告され、続く五回1死では初球を捉えて左翼線二塁打とした。それまで大貫がほとんど投げていなかったカーブに崩されることなく、対応してみせた。

 ハイライトは追いつかれた直後の七回1死三塁だ。2ボールで大貫の「一番いい球」と評するツーシームに絞り、狙い通りの球を振り切った。詰まりながらも左前へポトリと落とした。「準備していた分、いい結果になった」。勝ち越しの一打に胸を張った。

 大貫は中学時代にプレーした緑中央(現横浜青葉)シニアの5学年後輩にあたる。プロ入りしたばかりの大貫とは「あいさつ(する)くらい」というが、「いい投手なので打てて良かった」と福田。プロ13年目の今季はベンチを温める日も増えているが、持ち前の長打力に加えて勝負強さも発揮し、レギュラー返り咲きをアピールした。【細谷拓海】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです