メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

政治 北方領土返還めぐり「戦争しないと」 丸山議員

北海道根室市で開いた記者会見で、自身の発言について「言葉尻をとらえられるのは困る」などと反論する丸山穂高衆院議員=2019年5月13日、本間浩昭撮影

[PR]

 日本にっぽんがロシアに返還へんかんもとめている北方領土ほっぽうりょうどについて、日本維新にっぽんいしんかい丸山穂高まるやまほだか衆議院議員しゅうぎいんぎいん(35)が、「戦争せんそうをしないとどうしようもなくないか」「(戦争せんそうをしないと)かえせない」などと発言はつげんしました。戦争せんそうをしないと北方領土ほっぽうりょうど返還へんかん実現じつげんできないとれる発言はつげんで、つよ批判ひはんています。丸山まるやま議員ぎいんは13にち発言はつげんし「もと島民とうみん配慮はいりょいた」とあやまりましたが、議員ぎいん辞職じしょくすべきだとのこえもあります。

 発言はつげんは11にち交流こうりゅう訪問ほうもんだん一人ひとりとして北方領土ほっぽうりょうど国後島くなしりとうおとずれたとき国後くなしりとうもと島民とうみん訪問ほうもん団長だんちょう男性だんせいたいしてされました。男性だんせいは「戦争せんそういておどろき、とんでもないとおもった」とはなしています。日本維新にっぽんいしんかいは14、「北方領土ほっぽうりょうど返還へんかんちからくしてきたみなさんの行為こういみにじるもの」と丸山まるやま議員ぎいん除名じょめいしました。

 丸山まるやま議員ぎいん自分じぶんのツイッターで辞職じしょくはしないとしています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです