特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

車いすバスケ 障害の有無を超越した戦い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
天皇杯を掲げて優勝を喜ぶ宮城MAXの選手たち=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年5月12日、藤井達也撮影
天皇杯を掲げて優勝を喜ぶ宮城MAXの選手たち=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年5月12日、藤井達也撮影

 令和初の天皇杯を争う車いすバスケットボールの日本選手権決勝は、障害の有無を超えた戦いになった。

 5月12日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ。今大会から初めて健常者の参加が可能になり、決勝に進出した2チームのうち、埼玉ライオンズには健常者3人が含まれていた。障害のあるアスリートだけで臨み、71―35のダブルスコアで大会11連覇を達成した宮城MAXの大黒柱で、男子日本代表のエースでもある藤本怜央(35)は率直に語った。

 「僕は障害者スポーツは障害者が強くないといけないと思っている。だから健常者を入れていない僕らのほうが優勝するのは当たり前。障害を負ってから、苦難を乗り越えて、このスポーツに人生をかけてやってきた僕たちの勝利だと思う」

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1114文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集