メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

90年代のテニスブームを牽引! 沢松奈生子と伊達公子の意外な関係とは?

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、5月18日午前7時半~8時)のゲストは、元テニスプレイヤーの沢松奈生子さん。

     叔母・沢松和子さんが日本人女性としては初めてウィンブルドン女子ダブルスで優勝(1975年)、父母もそれぞれウィンブルドンに出場したことのある選手というテニスの超名門一家に生まれ、17歳でプロ選手に転向した沢松さんは、全豪オープンでベスト8入りを果たすなど日本を代表するテニスプレイヤーとして活躍。輝かしい成績を残しながら伊達公子さんらと共に90年代のテニスブームをけん引してきた。

     初めてテニスラケットを持ったのは、生後2カ月の時だと言いサワコを驚かせると「ご飯を食べる、お風呂に入る、寝るのと同じ位のレベルでテニスがあったので、世の中全員テニスをしているものだと思っていました」とテニスが生活の一部だった幼少期を回顧。両親のラリー音が目覚まし代わりだった話など“テニス一家”ならではのエピソードや、高校1年生の時に初対戦した伊達公子さんとのお話をたっぷり披露してくれた。

     このほか、世界を相手に戦ってきた沢松さんならではの視点で、テニスの新しい楽しみ方を紹介。「こう見れば選手の本当のすごさがわかる!」という沢松家直伝の「テレビ観戦法」や人気選手のユニークなゲン担ぎには、サワコも興味津々! 注目の大坂なおみ選手・錦織圭選手に期待がかかる全仏・ウィンブルドンとシーズン到来の今、よりテニス観戦が楽しくなる術が詰まった30分!お楽しみに。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

    2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

    4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

    5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです