メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

ニュースがわかる目次2019年6月号(5月15日発売)

定価450円

[PR]

月刊「ニュースがわかる」2019年6月号(5月15日ごろ発売)のおもな内容

<巻頭特集>

★ ロボットと人の未来

人を助け、できないこと代わりにやってくれるロボットが次々と世に出ています。宇宙や深海の探査から手術、運転、介護や農業、災害現場のサポートまで、活動の場は広がる一方です。ロボット開発の最前線を追い、人と共存する社会のありようを探ります。

<特集>

★ もっと知りたい 地方議会

知事や地方首長・議員の選挙をまとめて行う統一地方選が4月にありました。近年は低投票率などで有権者の関心の薄さが明らかになっており、地方議員のなり手がいないなど、地方政治のさまざまな問題が浮き彫りになっています。

★ カタツムリの不思議

梅雨に見かけるカタツムリ。貝の仲間で、ゆっくりはって短距離しか移動しないため、地域ごとに違う種類が生息しています。カタツムリの不思議な生態について報告します。

★ こわい薬物に「ノー」

たった1回使っただけで人生を損なう違法薬物の事件が後を絶ちませんインターネットの普及で10代でも容易にアクセスできる状況が心配されています。違法薬物について知識を備え、絶対に近づかない意思を持ちましょう。

★ お札の顔が5年後に変わる

1万円、5000円、1000円の各紙幣が一新されます。お札の新たな顔は、近代日本の発展に功績を残した渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎。2024年度上期をめどにお目見えします。

★ 「しつけ」で暴力はダメ

親の体罰を禁じる条例を東京都が4月に施行しました。子どもを虐待から守るためで、しつけに名を借りた保護者の暴力を禁止します。同様に、国も来年の法改正をめざします。

★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

★どなたにも読みやすいふりがな付きです。

★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

★定価450円。書店でどうぞ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです