メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

玩具会社のルイ・ヴィトン提訴、米裁判所が棄却 パロディー商品巡り

 5月15日、米カリフォルニア州の玩具会社が、パロディー商品の販売を妨げようとしているとしてフランス高級ブランドのルイ・ヴィトンを訴えた裁判で、ロサンゼルスの裁判所は、原告の訴えを棄却する判断を示した。写真は2018年10月、ウィーンのルイ・ヴィトンの店舗前で撮影(2019年 ロイター/Lisi Niesner)

[PR]

 [15日 ロイター] - 米カリフォルニア州の玩具会社が、パロディー商品の販売を妨げようとしているとしてフランス高級ブランドのルイ・ヴィトンを訴えた裁判で、ロサンゼルスの裁判所は15日、原告の訴えを棄却する判断を示した。

 訴えを起こしていたのは玩具会社MGAエンターテインメント。ふんの形をしたおもちゃの子ども用のケース「プーイ・ピトン」を巡り、ルイ・ヴィトンを提訴していた。「プー」は英語で「うんち」の意味。

 地裁の判事は、MGAが当事者の間に「実際に論争」があることを示しておらず、訴訟は連邦裁判所には属さないと指摘。また、ルイ・ヴィトンが最近フランスで起こした商標権侵害の訴えは、同ブランドが「パロディーの権利を尊重していない」ことを示しており、米国での訴訟を進めることを正当化するというMGAの主張を認めなかった。

 MGAは、分別のある消費者がプーイ・ピトンをルイ・ヴィトンの高価なハンドバッグと間違えることはないと主張していた。プーイ・ピトンの小売価格は59.99ドル(約6560円)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです