メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
シネマの週末・時代の目

リトル・フォレスト 春夏秋冬 韓国版、人生の迷いを軸に

 ソウルでの生活に疲れたヘウォン(キム・テリ)は、自然に囲まれた田舎の実家に帰り、自給自足の1人暮らしを始める。幼なじみのウンスクやジェハと再会し、交流を深めてゆく。季節の移り変わりと共に過ごすヘウォンの1年を描く。

 2014年に日本でも、森淳一監督、橋本愛主演で映画になった五十嵐大介のマンガを、韓国で再映画化。日本版と同様、季節を追って1年かけて撮影したという。韓国家屋での…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです