メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弱視

キャッチ「群馬流」 3歳児検査2年、発見率上昇

 眼鏡で矯正しても十分な視力を得られない「弱視」を3歳の段階で発見し治療につなげるため、2年前から独自の取り組みをしている群馬県で成果が出ている。県などの働きかけで県内18市町村が3歳児健診で特殊な検査を導入した結果、「要医療(治療)」と診断された割合は1・8%と導入前の0・1%から上昇した。弱視は50人に1人いるとされてきたが、検査項目や方法が統一されていないため、これまで複数の地域にまたがる正確な統計データはなかった。弱視の実態が裏付けられた格好で、早期治療にもつながっている。

 視力は3歳までに急速に発達し、発見や治療が遅れて6~8歳を迎えてしまうと、一生、弱視になる恐れがあ…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです