メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弱視

キャッチ「群馬流」 3歳児検査2年、発見率上昇

 眼鏡で矯正しても十分な視力を得られない「弱視」を3歳の段階で発見し治療につなげるため、2年前から独自の取り組みをしている群馬県で成果が出ている。県などの働きかけで県内18市町村が3歳児健診で特殊な検査を導入した結果、「要医療(治療)」と診断された割合は1・8%と導入前の0・1%から上昇した。弱視は50人に1人いるとされてきたが、検査項目や方法が統一されていないため、これまで複数の地域にまたがる正確な統計データはなかった。弱視の実態が裏付けられた格好で、早期治療にもつながっている。

 視力は3歳までに急速に発達し、発見や治療が遅れて6~8歳を迎えてしまうと、一生、弱視になる恐れがある。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです