メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

盲学校生が交流 大船渡で国内や台湾、韓国の10人 視力弱くても楽しめる「アイゴ」使い /岩手

「アイゴ」を使い、韓国の盲学校の生徒と対局する岩崎晴都さん(左)=岩手県大船渡市大船渡町のキャッセン大船渡コミュニティスペースで

 囲碁の第74期本因坊決定戦が12日まであった大船渡市で、国内や台湾、韓国の盲学校の生徒による囲碁大会が開かれた。言葉も障害の程度も異なる出場者らは「視力が弱くても楽しめるように」と作られた囲碁セット「アイゴ」を挟み、交流を深めていた。【三瓶杜萌】

 大会は同市で毎年開催されている「碁石海岸で囲碁まつり」の企画として、2017年に初めて開かれた。開催のきっかけは、全盲で囲碁アマチュア四段の「日本視覚障害者囲碁協会」代表理事、柿島光晴さん(41)が、囲碁まつりの実行委員長で父に故木谷実九段を持つ正道さん(71)と台湾を訪れたことだった。台湾の盲学校「啓明学校」で囲碁の普及活動をした経験から「もっと多くの視覚障害者に楽しんでほしい」という思いが高まったという。

 本因坊戦に合わせて12日に開かれた今年の第3回大会には10人が参加し、初めて女子生徒も出場した。優…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文997文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです