メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カソウケンの似顔絵描き

/上 師匠編 第一人者、後継者を育成 県警・法医係 緑川順さん /群馬

「骨から顔を作らなければいけない事件とは『解決困難な事件』。どんな依頼が来ても、引き受けます。たった1枚の絵が市民の目を向けさせ、事件解決に導くかもしれないですから」と話す緑川順さん=前橋市江田町で、2019年5月14日午後3時35分、神内亜実撮影

 現場に残された遺体、犯人の目撃情報--。わずかな手掛かりから「顔」を再現する県警科学捜査研究所(通称・カソウケン)の緑川順さん(60)は、鉛筆一本で数々の事件を解決に導いてきた「似顔絵描き」の第一人者だ。この道30年以上になる緑川さんは今春定年を迎えたが、その技を伝承するために再任用され、弟子入りした芸大出身の異色の若手警察官の育成に注力している。【神内亜実】

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文967文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです