メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VR動画

迫力VRで観光客増を 河北3市町、金沢「独り勝ち」に待った /石川

専用ゴーグルを装着してVR映像を確認する河北郡市観光企画委員会の担当者たち=石川県津幡町役場で、岩壁峻撮影

 臨場感ある名所の映像を公開することで観光客の掘り起こしを図ろうと、かほく市、津幡町、内灘町がタッグを組んで仮想現実(VR)技術を使った動画を完成させた。北陸新幹線開業(2015年3月)による金沢の「独り勝ち」に待ったをかけようと、自治体主導のVR動画という「異例」のPRで勝負をかける。【岩壁峻】

 金沢への観光客を取り込むため、3市町は16年に河北郡市観光企画委員会を結成。県の観光基金も活用し、17年度から2カ年計画でVR動画制作に取り組んできた。サマーフェスタの花火(かほく市)▽内灘海水浴場(内灘町)▽冬場に銀世界が広がる河北潟干拓地のメタセコイア並木(津幡町)--など、小型無人機ドローンや360度カメラで撮影された映像は壮観だ。

 3市町の名所のダイジェストなど5種類の動画は専用ゴーグルで視聴が可能。動画は富山市のコンテンツ制作会社「スプラウト」(藤久直樹社長)が協力した。藤久社長は「企業のPR動画でもVRは効果的。ゴーグルは持ち運びが簡単なので、東京などでの物産展などでも利用できる」と太鼓判を押す。観光企画委員会の事務局を務める津幡町交流経済課の西島光紀課長補佐は「以前は口頭でしか説明できなかったが、観光客もイメージしや…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです