ハナブサレザー

命生かし革製品に 駆除の鹿やイノシシ 飯田の職人、オーダー販売 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鹿やイノシシの皮で作った革製品をPRする木下秀幸さん=長野県飯田市北方で
鹿やイノシシの皮で作った革製品をPRする木下秀幸さん=長野県飯田市北方で

 食害防止のため駆除された鹿やイノシシの皮を使って革製品を作る飯田市北方の革職人、木下英幸さん(46)が創業した「ハナブサレザー」が、同市の官民による市新事業創出支援協議会「I-Port(アイポート)」の認定を受けた。【大澤孝二】

 木下さんによると、駆除された鹿やイノシシは2割程度が食用となるが、それ以外は埋却処分されているという。木下さんは「命を無駄にしてはいけない」と処分される前の皮に着目。駆除する猟師に頼み込んで皮を入手し、2006年から…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集