メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮内庁馬車

きょう公開 明治から令和まで活躍 沼津御用邸記念公園 /静岡

17日から一般公開される宮内庁所蔵の馬車=静岡県沼津市下香貫の沼津御用邸記念公園内新主馬で

 皇室ゆかりの沼津御用邸記念公園(沼津市下香貫)の厩舎(きゅうしゃ)跡「新主馬(しんしゅめ)」で宮内庁所蔵の馬車が17日から一般公開される。報道向け内覧会が16日開かれた。1911(明治44)年製造で、明治、大正、昭和、平成、令和と5代にわたり宮内庁が使っている。公開は30日まで。

 木造漆塗りで内装は西陣織。長さ3・7メ…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです