メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
食探訪

「十津川うどん古道」 肉汁うどん 地元の具材が満載 /奈良

うどんを通して観光PRにも力を入れる千葉高広さん=奈良県田原本町阪手の「十津川うどん古道」で、藤原弘撮影

 田原本町阪手の「十津川うどん古道(こみち)」では、十津川村の水やキノコなどを使ったうどんが人気だ。経営者の千葉高弘さん(56)は同村で生まれ育ち、会社勤めなどを経て、田原本町に店を構えて今年3月で丸10年。「十津川をどんどんPRしたい」と話す。【藤原弘】

 特色のあるメニューの一つは「肉汁うどん」(700円)。自家製の麺をつけて食べるだし汁には、十津川産のシイタケやブナシメジなどの他、豚肉が入っている。「肉ぶっかけうどん」(850円)や「天ぷらうどん」(920円)などが人気メニューだという。ご飯は…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  3. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  4. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです