メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

和歌山大教育学部付属中 授業にVR導入 「仮想」と「現実」で地層学習 /和歌山

VRゴーグルを装着し、仮想現実の世界で和歌山県内の地層などを観察する生徒ら=和歌山市吹上1の和歌山大教育学部付属中で、山成孝治撮影

 「写真では一つの方向しか見られないが、VR(仮想現実)ゴーグルを使えば360度見渡すことができる」「事前に地層の様子などをVRで見ていたので、実際に見ると、とても分かりやすかった」。今年3月、和歌山大教育学部付属中学校(和歌山市吹上1)の理科の授業で、和歌山の地質などを「VR」の技術を使って学んだ生徒たちの感想だ。

 学習したのは、1年生(当時)約140人。事前学習に使われたのが、「VRゴーグル」と小型無人機ドロー…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです