メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨水亭

松江の老舗料亭、破産手続き 負債総額7000万円 /島根

破産手続き開始決定を受けた料亭「臨水亭」=松江市末次本町で、前田葵撮影

 松江市末次本町の老舗料亭「臨水亭」が、松江地裁に破産を申請し、4月24日に破産手続きの開始決定を受けたことが分かった。負債総額は推定約7000万円。

 帝国データバンク松江支店によると、臨水亭は1890年創業。松江藩の御用商人だった豪商の屋敷を風情を残したまま改装し、宍道湖を眺望できる客間などが人気…

この記事は有料記事です。

残り85文字(全文235文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  3. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  4. 伊原六花 登美丘高校ダンス部元キャプテン、CMで自身考案ダンス披露

  5. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです