メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことでん

大正~昭和の4両お別れ 譲渡先を募集 /香川

引退が決まった高松琴平電気鉄道のレトロ車両。左から300号、120号、23号、500号=同社提供

 高松琴平電気鉄道(ことでん)は大正から昭和初期に製造されたレトロ車両4両を来年以降、順次引退させると発表した。現在は貸し切り運行やイベントなどで人気を集める車両の引退に、鉄道ファンからは別れを惜しむ声が上がっている。同社は車両を保管してくれる譲渡先を探している。

 引退するレトロ車両は、近畿日本鉄道から譲渡を受けた1925(大正14)年製造の23号のほか、ことでんオリジナルの26(大正15)年製造の120号、300号、28(昭和3)年製造の500号。2011年、他の車両に冷房が完備されたことから営業運転を終了し、現在はイベントや貸し切り運行のみで走行している。

 引退は5日、レトロ車両の特別運行イベントで発表され、その後、同社のマスコットキャラクター「ことちゃ…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文826文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです