メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症対策

予防に重点 政府大綱案「70代で6%減」

 政府は16日、「予防」重視を打ち出した新たな認知症対策の大綱案を有識者会議に示した。発症を遅らせる取り組みを進め、70代人口に占める認知症の人の割合を6年で6%、10年で約1割減らすことを目標とした。国民の生活習慣の改善や予防・治療法の研究開発を推進する。政府は6月に認知症施策の関係閣僚会議で大綱を決定する予定だ。

 大綱は2015年に定めた認知症の国家戦略「新オレンジプラン」の後継で、対象は19~25年の6年間。…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文762文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  3. 風知草 韓国に「NO」という意味=山田孝男
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです