メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中圧力「切り札」 ファーウェイ完全排除 企業取引も禁止

 【サンフランシスコ中井正裕、ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は15日、米国の安全保障上の脅威となる企業の通信技術を米企業が利用することを禁止する大統領令に署名した。企業は特定していないが、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が念頭にある。米商務省は同日、米国の対イラン経済制裁に違反したとして米企業にファーウェイとの取引を事実上禁止する措置を発動した。

 米中貿易戦争が再燃するなか、トランプ政権は中国の産業政策の中核的存在であるファーウェイの排除を「切り札」にして譲歩圧力を強めた形だ。トランプ氏は「外国の敵対勢力による経済スパイ行為など有害なサイバー活動が極めて重大な脅威になっている」として国家非常事態を宣言し、大統領令に署名した。米政府機関は昨年8月から、中国通信機器メーカーの製品の使用を禁止されている。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. 東京と福岡「緊急事態再指定の段階にない」 西村担当相「危機感」は強調

  4. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  5. 見つけた・この店 新潟 まじガマンできない 食パンは耳まで軟らかく /新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです