メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

認知症予防、期待が先行 参入続々、効果は未知数 大綱案提示

 政府は16日に示した新たな認知症対策の大綱案で、認知症の人の割合を減らす数値目標を打ち出した。ただ、認知症研究が道半ばの中での目標設定には課題が多い。一方、認知症の人を支える介護保険サービスを絞り込む流れもあり、家族から改善を求める声も上がっている。【原田啓之、夫彰子、熊谷豪】

政府、社会保障費圧縮狙う

 長机に座った70~80代の男女9人が筆ペンを握り、印刷されたお手本をなぞった。講師の合図で、書き上げた百人一首の歌を声をそろえて読み上げた。「夏の夜はまだよひながら明けぬるを……」

 教育事業を手がける「学研」のグループ会社が横浜市で開いている高齢者教室だ。認知症予防を掲げて、毎週…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文1995文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです