メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

令和のはじめに 変化する科学と社会 インタビュー 山極寿一・日本学術会議会長

山極寿一 日本学術会議会長=望月亮一撮影

 平成時代、「科学技術創造立国」を目標に掲げた日本。ノーベル賞受賞が相次いだが、多くは古い業績が評価されたもので、最近は研究力の低下が指摘される。人工知能(AI)など人を脅かす恐れのある科学も台頭した。令和時代を迎えた科学と社会をめぐる課題を山極寿一・日本学術会議会長(67)に聞いた。【聞き手・永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り3759文字(全文3912文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです