メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院憲法審

1分で終了 幹事選任のみ

 衆院憲法審査会は16日、国民民主党に離党届を提出した階猛氏の後任の幹事に同党の奥野総一郎氏を選任した。審議を巡っては与野党が折り合わず、幹事選任のみでわずか1分で終了。自民党は今国会での国民投票法改正案の成立に向け、5月中には衆院本会議で可決したい考えだが、憲法審での審議も見通せない状況が続いている。

 同日の憲法審後、与野党は法案の取り扱いを協議する幹事懇談会を2回開き、与党側は繰り返し国民投票法改正案を巡る1時間の質疑と採決を要求した。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです