メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

裁判員裁判10年 市民感覚の原点、忘れずに=蒔田備憲(東京社会部)

裁判員経験者と法曹三者らが意見を交わした、東京地裁の裁判員制度10周年記念フォーラム=3月19日、蒔田備憲撮影

蒔田備憲(まさのり)

 「司法への国民参加」をキーワードに導入された裁判員裁判は、21日で制度開始から10年を迎える。この間、約9万人が裁判員・補充裁判員に選ばれ、審理に携わってきた。私は昨年8月から東京地裁で刑事裁判の取材を担当し、30人以上の裁判員、補充裁判員の経験談を聞いてきた。現在、法務省の検討会が制度見直しの議論を進めているが、経験者の声を軸として、制度や運用のあり方を見直す必要があると考えている。

この記事は有料記事です。

残り1853文字(全文2058文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです