メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界@日本

紙幣に透ける各国事情 日本/EU/タイ/中国/インド/南アフリカ

新紙幣のイメージ=喜屋武真之介撮影

 政府は4月、2024年度上期をめどに発行される新紙幣の図柄を公表した。新たな肖像画となるのは渋沢栄一(1万円)、津田梅子(5000円)、北里柴三郎(1000円)の3人で、明治以降の産業や教育の発展に貢献した人物として選ばれた。世界の紙幣の図柄にも、各国それぞれの事情や背景がある。

 @日本

偽造防止に人物画

 日本では、ほぼすべての紙幣(日本銀行券)に人物の肖像が描かれてきた。「顔や表情のわずかな違いにも気がつくという人間の目の特性を利用」(国立印刷局)して、偽造防止に役立てることが大きな理由だ。

この記事は有料記事です。

残り3006文字(全文3255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです