メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

一人の意地、鶴竜無傷

鶴竜(左)が寄り切りで碧山を降す=吉田航太撮影

5日目(16日・両国国技館)

 横綱・鶴竜は碧山を寄せ付けずに5連勝。2桁勝てば大関に復帰できる関脇・栃ノ心は先場所まで3連敗していた北勝富士を力強い相撲で寄り切り全勝を守った。平幕の朝乃山も加え、勝ちっ放しは3人。

 大関は、高安が土俵際の逆転で千代大龍を降して今場所初めて白星を先行させたが、豪栄道は合口の悪い大栄翔に3連敗して2敗目。新大関・貴景勝は右膝を痛めて休場し、玉鷲が不戦勝となった。

 琴奨菊の幕内出場回数が1221となり、元関脇・麒麟児と並んで歴代9位になった。

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1260文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです