大相撲夏場所

貴景勝、再出場は困難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
貴景勝
貴景勝

 大相撲の大関・貴景勝(22)が夏場所5日目の16日、「右膝関節内側側副靱帯(じんたい)損傷で約3週間の加療を要する」と診断され、休場届を提出した。貴景勝の休場は昨年春場所以来、2回目。新大関としては、同名古屋場所の栃ノ心(現関脇)に続く休場になった。

 師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は同日、取…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

あわせて読みたい

注目の特集