メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク、パ・リーグ制覇 3年ぶり19回目
にほんでいきる

外国からきた子どもたち 東京・昭島市教委、「日本語話せぬ」就学拒否 ネパール生徒、入学先知らされたのに…

就学を拒否され「どうしていいか分からなかった」と話すラビナさん(左)と母シャンティさん=東京都福生市で

 日本語指導体制が整っていない地域で外国籍児らが就学を希望した場合、日本語が話せないことを理由に事実上の就学拒否に遭うケースがある。東京都昭島市のダンゴル・ラビナさん(18)は5年前、公立中学への入学を断られ、NPOの支援で日本語を学び定時制高校に進学した。【奥山はるな】

 ラビナさんはネパールの首都カトマンズで生まれた。母シャンティさん(41)は、家計を支えるため2002年に来日。現在は訪問介護の仕事をしている。ラビナさんは祖父母に育てられていたが、母と一緒に暮らすため14年に13歳で、日本語が話せない状態で来日した。

 シャンティさんは日本の学校の仕組みが分からず、隣接する福生市でNPOが運営する日本語教育の塾「YSCグローバル・スクール」に相談。スタッフと一緒に昭島市教育委員会に行き、就学手続きをした。

この記事は有料記事です。

残り860文字(全文1217文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  3. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです