メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 東京・昭島市教委、「日本語話せぬ」就学拒否 ネパール生徒、入学先知らされたのに…

就学を拒否され「どうしていいか分からなかった」と話すラビナさん(左)と母シャンティさん=東京都福生市で

母が証言

 日本語指導体制が整っていない地域で外国籍児らが就学を希望した場合、日本語が話せないことを理由に事実上の就学拒否に遭うケースがある。東京都昭島市のダンゴル・ラビナさん(18)は5年前、公立中学への入学を断られ、NPOの支援で日本語を学び定時制高校に進学した。【奥山はるな】

 ラビナさんはネパールの首都カトマンズで生まれた。母シャンティさん(41)は、家計を支えるため2002年に来日。現在は訪問介護の仕事をしている。ラビナさんは祖父母に育てられていたが、母と一緒に暮らすため14年に13歳で、日本語が話せない状態で来日した。

 シャンティさんは日本の学校の仕組みが分からず、隣接する福生市でNPOが運営する日本語教育の塾「YS…

この記事は有料記事です。

残り901文字(全文1217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです