メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男の気持ち

死に様 山口県防府市・末安次夫(77歳)

 43年前、防府での新工場の設立時より共に勤めた仲間が病にふしている。かつての同僚と共に彼の自宅へ見舞いに行った。

 彼は製造現場に精通し、技能も優れていたことで、海外工場への技術指導など、多くの実績を残した。面倒見も良く、部下からも慕われた名職長だった。

 久しぶりに会った彼は驚くほどやせてはいたが、意外に冷静で元気だった。「がんの転移が多岐にわたり手術は無理で、抗がん剤も副作用がひどく、今は鎮痛剤のみで過ごしている。不測の事態が生じない限り、このまま自宅で過ごしたい」と努めて明るさ…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです