メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、大規模イベント 2週間中止・延期要請へ

野党、「予備的調査」を積極活用 「忖度」道路の調査要請

下関北九州道路

 立憲民主党など主要野党が、40人以上の衆院議員の要請などに基づき、政府から情報を入手できる「予備的調査」の積極活用に乗り出している。塚田一郎元副国土交通相が安倍晋三首相らへの「忖度(そんたく)」に言及した下関北九州道路に関する調査要請書を衆院に提出した。与党が衆院予算委員会集中審議の開催に応じない中、政府に攻勢をかけるのに役立てたい考えだ。

 予備的調査は、国政調査権を強化するため、衆院規則の改正で1997年に創設された。委員会の議決か、40人の議員の要請があれば、国会職員に調査を命じ、職員は官公庁に資料の提出などを求めることができる。少数会派でも要求が可能で、大島理森衆院議長が活用を提案していた。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道教委、全小中学校の休校要請へ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  4. 芦屋にニホンザル 消防本部倉庫で捕獲後、六甲山に運ぶ途中で死ぬ

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです