メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン、食品実質値引き導入へ 廃棄ロス対策 加盟店経営改善に

セブンイレブンの看板=東京都千代田区で2019年3月21日、曽根田和久撮影

 セブン―イレブン・ジャパンは17日、消費期限が迫った弁当などを販売する際、顧客にポイントを還元する仕組みを今秋にも全店に導入すると明らかにした。売れ残りそうな食品を実質値引き販売する。ローソンも同日、同様のポイント還元の実証実験を6~8月に愛媛、沖縄両県で行うと発表した。いずれも食品の廃棄ロスを減らす狙いで、原資は本部が負担する。廃棄費用を負担する加盟店の経営改善にもつながりそうだ。

 コンビニ各社は定価販売を重視してきたが、事実上方針の修正となる。セブンは、全国約2万店に一律のシス…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文836文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです