メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻冬舎が「出版、諦めざるを得ない」 津原さん反論、経緯明かす

作家の津原泰水さん。ツイッターに「日本国紀」(幻冬舎)を批判する投稿をしたところ、幻冬舎から自身の文庫本の出版を中止にさせられたと訴える=本人提供

 作家の津原泰水(やすみ)さん(54)が、ツイッターに幻冬舎のベストセラー「日本国紀」への批判を投稿したことで、同社から刊行予定だった文庫本の出版が取りやめになったと訴えている問題で、幻冬舎側の「文庫化を一方的に中止した事実はない」という主張に対し、津原さんが「なんでそんなうそをつくのか」と反論した。自身のツイッターで、同社の担当編集者から送られたという「(文庫化は)諦めざるを得ない」などと書かれたメールの画像を公開。毎日新聞の取材に、出版中止までの経緯を詳細に説明した。【大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1855文字(全文2112文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです