メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓「国会審議を」サイボウズ青野社長 出身地・愛媛の議会に陳情へ

サイボウズの青野慶久社長=2019年3月25日、和田大典撮影

 選択的夫婦別姓制度を巡り国を提訴するなどの社会活動で知られる、愛媛県今治市出身でソフトウエア開発会社「サイボウズ」の社長の青野慶久さん(47)が今月27日に、同制度について国会審議を求める意見書を国に提出するよう愛媛県議会と今治市議会に陳情や請願を行うことが判明した。東京などで市民が同様の陳情や請願をする動きが広がっているが県内では初めてとみられる。採択する地方議会も増えており、同県議会や同市議会での議論や判断が注目される。

 青野さんは取材に「一人一人幸せの形は違うので、多様な選択をできる社会をつくりたい」と陳情の意義を述…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文883文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 米軍燃料流出、131件日本側に知らされず 開示文書では環境への影響「Yes」
  3. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  4. Hey! Say! JUMP有岡さん「アイドル界の池上彰さん目指す」 新連載で
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです