巨大!「萩たまげなす」出荷 通常の5倍 山口ブランドナス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
出荷が始まった「萩たまげなす」=山口県萩市椿の萩青果で2019年5月15日午前11時6分、遠藤雅彦撮影
出荷が始まった「萩たまげなす」=山口県萩市椿の萩青果で2019年5月15日午前11時6分、遠藤雅彦撮影

 山口県萩、長門両市で栽培されている巨大ナス「萩たまげなす」の出荷式が15日、萩市椿の萩青果であった。長さ約30センチ、重さは500グラムと普通のナスの5倍以上で、7月上旬まで出荷する。

 昭和初期から長門市の田屋地区で「田屋ナス」として作られており、2003年から両市で本格栽培と出荷が始まった。普通のナスよりアクが少…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

あわせて読みたい

注目の特集