メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県、弱視発見率が上昇 3歳児健診で特殊検査導入 0.1%から1.8%に

 眼鏡で矯正しても十分な視力を得られない「弱視」を3歳の段階で発見し治療につなげるため、2年前から独自の取り組みをしている群馬県で成果が出ている。県などの働きかけで県内18市町村が3歳児健診で特殊な検査を導入した結果、「要医療(治療)」と診断された割合は1.8%と導入前の0.1%から上昇した。弱視は50人に1人いるとされてきたが、検査項目や方法が統一されていないため、これまで複数の地域にまたがる正確な統計データはなかった。弱視の実態が裏付けられた格好で、早期治療にもつながっている。

 視力は3歳までに急速に発達し、発見や治療が遅れて6~8歳を迎えてしまうと、一生、弱視になる恐れがあ…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文801文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  2. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです