メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島、群雄割拠から将棋界頂点へ 令和初の「名人」初挑戦で奪い取る

 シリーズのさなかに元号が改まった第77期名人戦七番勝負。福岡県飯塚市で16、17の両日指された第4局も、勢いに乗る挑戦者の豊島将之王位(29)が佐藤天彦名人(31)を圧倒し、4連勝で令和最初の名人となった。棋聖も併せ現役最多の3冠となり、名実共に将棋界の頂点に立った豊島。羽生善治九段(48)が無冠となった後、群雄割拠の時代に突入した棋界の勢力図が動き始めた。【新土居仁昌、丸山進】

 20歳で王将戦の挑戦者になり、若手関西勢のトップを走っていた豊島。しかし、タイトル獲得は糸谷哲郎八…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文725文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです