メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

2019第3日 エルトン・ジョン描いた伝記映画「ROCKETMAN」にカンヌ沸く

招待券を持っている人が入場待ちをするレーン。「INVITATIONS」という札が目印=フランス・カンヌで2019年5月16日、小林祥晃撮影

 カンヌ映画祭3日目16日は、前半のクライマックスともいえるイベントがありました。英国を代表する世界的歌手、エルトン・ジョンの半生を描いた伝記映画「ROCKETMAN」(ロケットマン)が上映されたのです。

 この日はデクスター・フレッチャー監督、エルトン・ジョンを演じたタロン・エガートンだけでなく、エルトン・ジョン本人も来場することになっていました。取材陣だけでなく、彼らを一目見ようという多数のファンややじ馬が集まり、カンヌの小さな町は開幕以来、最高の熱気に包まれていました。

 この作品は、アウト・オブ・コンペティション部門、つまり賞レースには関わらない作品として招待されてい…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです