メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

548 「はやぶさ2」着陸準備

新たに10個前後の人工クレーター

 探査機「はやぶさ2」チームは、さる5月9日、世界で初めて小惑星(しょうわくせい)リュウグウ表面につくった人工クレーターとは別に、比較的(ひかくてき)小さい直径1メートルくらいの人工クレーターが10個前後できていると発表しました(図1)。上空で爆発(ばくはつ)させたインパクター(衝突(しょうとつ)装置)の破片などが表面に激突(げきとつ)してできたと思われます(図2)。衝突前の画像と衝突後の画像を念入りに比較(ひかく)して発見したのです。今後はこれらのクレーターも重要な観測対象となりますね。

 インパクターから放たれた金属弾(きんぞくだん)でつくった大きなクレーターは直径10メートルほどで、…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1153文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  4. 「たけちんの続編、見たかった」 京アニ放火殺人半年 「らき☆すた」監督の友人悼む

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです