メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン・中国外相会談

対米連携 制裁再開「断固反対」

 【北京、テヘラン共同】中国の王毅国務委員兼外相は17日、イランのザリフ外相と北京で会談し、米国の対イラン制裁再開に「断固反対する」と強調した。米国が離脱したイラン核合意を順守する立場を重ねて示し、イランと連携してトランプ米政権の攻勢に対抗する姿勢を打ち出した。中国外務省が発表した。

 習近平指導部は、貿易摩擦を巡る米国の対中制裁強化に反発しており、イランに接近して米側を揺さぶる狙いがあるとみられる。

 王氏は「イランが置かれた状況」に理解を示した。ザリフ氏は「イランと中国は多国間協調による国際秩序の…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文549文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです