メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

失った足、波に立つ

 「アダプティブサーフィン」と呼ばれる障害者サーフィン。世界大会は2015年からサーフィン文化の根付く米国で毎年開催され、昨年大会には24カ国約140人の選手が参加するなど注目が集まるが、日本での認知度は高くない。

 17年に米国カリフォルニア州で行われた世界大会で銅メダルを獲得した東京都在住の伊藤建史郎さん(41)。16歳からサーフィンを続けてきたが、6年前に仕事中の事故で右足を失った。事故直後、頭に浮かんだのはサーフィンのことだった。リハビリに励み、半年後には海に入った。「世界大会では、障害者が選手として認められている環境に驚き、うれしかった」と語る。

 競技はサーフボードに立つことができる、座って行う、補助を得て波に乗るなど障害の種類や程度によって6…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文953文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです