メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

伊勢正三 終活なんの!魂は老いず

伊勢正三

 <楽庫(らっこ)>

 2月に出た12曲入り新作アルバム「Re-born」は何と16年ぶりだ。

 「結果的にそうなってしまいましたね。一曲一曲に納得いかないとレコーディングに入れない。十数年たってやっと完成した曲もあります」

 聴きやすいアルバムだなあというのが第一印象だった。1970年代後半から80年代の初めのアメリカ西海岸で広まったAORと呼ばれる大人向けのロック。ボズ・スキャッグスやネッド・ドヒニー。ジャズやソウルミュージックのコードやリズムを使った白人ポップスのテイスト。彼が75年にかぐや姫解散後に組んだグループ、風の77年のロサンゼルス録音のアルバム「海風」は、そうした音楽の先駆的作品だった。チャート1位になったものの賛否両論。それまでのフォークファンからは「変わった」という「否」の方が多かっただろう。「急ぎすぎたんでしょうね。でも、あの時に極めていたらあそこで終わっていたかもしれない(笑い)」

 彼には80年代半ばからほぼ10年の「空白期」がある。バブルに向かう日本のシーンから姿を消し米ニュー…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文1040文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  2. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  5. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです