メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
岸惠子さん

いくつになっても虹はかかる 全国で一人芝居

ソニア・リキエルの服でポーズを決める岸惠子さん=名古屋市で、山田泰生撮影

 女優、岸惠子さんの一人芝居とトークショーが18日、始まった。東京や大阪、名古屋など全国10会場で公演。86歳とは思えない若々しさを保つ岸さんは仏ブランド、ソニア・リキエルの服をさっそうと着こなし、名古屋市内の記者会見場に現れた。

 「老人のわびしい姿ばかりを取り上げるマスコミに抵抗を感じる。年を取ってから、輝く虹がかかる生き方もあります」。舞台への意気込みを語った。

 「岸惠子ひとり語り 輝ける夕暮れ」と題した公演は2部構成。前半の一人芝居「わりなき恋」は自分の恋愛…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文738文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです