メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふるさと納税

酒田市、庄内町が「逸脱」 税優遇期間短縮 改正し再申請へ /山形

 6月にスタートするふるさと納税の新制度で県内では酒田市と庄内町が「返礼品は寄付額の3割以下の地場産品」とする基準を逸脱し、総務省から来年9月までの税優遇対象期間を今年9月までの4カ月間に限定された。両市町は「既に基準に沿って改めた。7月に再申請する」との意向を明らかにした。認められれば他の自治体同様に、来年9月まで期間が延長される。

 酒田市交流観光課によると、同市が参加するポータルサイトが昨年11月中旬~12月下旬の利用促進キャンペーンで、コメと山形牛の返礼割合を5割ほどにしていた。今年1月以降は全て基準以内に戻した。同課は「ふるさと納税は地方都市にはありがたい制度」とし、今後は基準を守りながら運用していくとした。

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです