メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さしま茶

幕末、米国販売 県南西部特産、日本茶貿易の先駆け 坂東の豪農、売り込み 麗沢大調査 /茨城

中山元成による茶業の功績をたたえる碑(奥)と説明書きの看板=茨城県坂東市で

 県南西部の特産品「さしま茶」が、幕末に米国で「日本茶」として最初に販売された銘柄だとする調査報告書を、麗沢大(千葉県柏市)の研究チームがまとめた。現在の坂東市出身の豪農、中山元成(1818~1892年)が、他の産地に先駆けて積極的に販売していた。【橋本利昭】

 日本茶はその後、生糸と並ぶ主要な輸出品に成長しており、報告書は「中山元成は茶貿易のパイオニア」と評している。当時、坂東市や境町は関宿藩の領地で、すでにさしま茶の栽培が盛んだった。

 調査は、さしま茶のブランド化を目指す境町やさしま茶協会が麗沢大に依頼した。同大の研究者、日米関係や…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文802文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです