メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

理解を 名古屋できょうパレード /愛知

街頭活動で配るチラシを手に、活動への思いを語る「レインボーなごや」の共同代表、酒井徹さん=名古屋市中村区平池町4で

 東海地方の性的少数者(LGBTなど)やその支援者でつくる「レインボーなごや」が18日、名古屋市で性の多様性への理解を求める街頭活動をする。同会の共同代表、酒井徹さん(35)は「この日に街頭活動する意味を多くの人に知ってほしい」と願う。

 街頭活動は、17日の「国際反ホモフォビアの日」(同性愛嫌悪に反対する日)に合わせたもの。1990年5月17日に世界保健機関(WHO)が同性愛を精神疾患リストから外したことを記念する日で、国内外でLGBTなどへの理解を深める取り組みが展開される。

 酒井さんは、今年4月に行われた茨城県主催の会合で参加した医師が「性的マイノリティー(少数派)の人にマジョリティー(多数派)に戻ってもらう治療はないのか」と発言したことを報道で知った。「公的な場で医師がそのような発言をするのは、正しい知識が広まっていないということでは」と思った。近年、LGBTなどへの関心や支援の動きが高まっていることは歓迎するが、誤解をなくす活動も必要だと感じた。茨城県によると、…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです