メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者

理解を 名古屋できょうパレード /愛知

街頭活動で配るチラシを手に、活動への思いを語る「レインボーなごや」の共同代表、酒井徹さん=名古屋市中村区平池町4で

 東海地方の性的少数者(LGBTなど)やその支援者でつくる「レインボーなごや」が18日、名古屋市で性の多様性への理解を求める街頭活動をする。同会の共同代表、酒井徹さん(35)は「この日に街頭活動する意味を多くの人に知ってほしい」と願う。

 街頭活動は、17日の「国際反ホモフォビアの日」(同性愛嫌悪に反対する日)に合わせたもの。1990年5月17日に世界保健機関(WHO)が同性愛を精神疾患リストから外したことを記念する日で、国内外でLGBTなどへの理解を深める取り組みが展開される。

 酒井さんは、今年4月に行われた茨城県主催の会合で参加した医師が「性的マイノリティー(少数派)の人に…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです